なんか屋方式

2014.01.24|雑記
 さあさあ始まりました、しばた四季遊び。これから(も?)いろいろ新発田を楽しんでいこうと思います。普段の事、おすすめの事、これはアピールしたい!など、何でもありなごちゃまぜ「なんか屋」方式で、つらつらと気の向くままに、のんびりと更新していく方向で、こちらも書いて行こうと思います。

 さて、「なんか屋」って何かというと、新発田界隈の方言でお祭屋台などの出店(でみせ)の事で、何かある・何か売ってる店という意味で使います。筆者が子供の頃、地元の小さな神社にも、1店のおもちゃ屋さんが来ました。たった一店だけでしたが、こころを躍らせていた覚えがあります。今でもそのなんか屋を思い出すと、少しこそばゆい想いが込み上げてきます。たわいもないコトなのだろうけれど、そういったわくわく感やキュッとする感覚は、子供のころも大人になっても変わらず持ち続けているものだと思います。小さなことでも、楽しんでいきたいと思います。
スポンサーサイト



ページトップへ